• Keita Kato

横浜の英語教室【レッスン101】:TOEIC Bridge対策ならお任せください!

更新日:2018年6月11日

経験豊富な講師がTOEIC Bridge対策を行います。文法のおさらいから単語、リスニング対策までお任せください。とにかくたくさんの問題ができる環境を提供しております!


まず、TOEIC Bridgeとは...

TOEIC Bridge Testはリスニング(約25分間・50問)、リーディング(35分間・50問)、合計で約60分で100問あり、マークシートテストです。テストは日本語が一切なく、英文のみで構成されています。出題形式は基本的に変わりません。


まず対策することは...


1.語彙力をつける

TOEIC Bridgeの単語はよく繰り返し同じ単語が出てきます。なので毎回問題をやって、わからない単語は覚えるようにしましょう!例えば、provide,offer, recently...など


2.パート4の文法問題


①類義語に注意

few, a few, little, a littleはよく出てきます。aが付くとfewの場合2,3の、 a littleだと少しのという意味です。fewだけだとほとんどない(数えられるもの)、littleだけだとほとんどない(数えられない水など)です。

②時制問題

問題をよく読まずに副詞がtodayだから現在形、未来形にしてはいけません。現在形は基本習慣で使います。todayでは過去形でも使われます。ですので文を最後まで読みましょう。

③品詞の問題

動詞、形容詞、副詞、名詞度の形が適切か問われる問題が良く出ます。TOEICでもこの系統の問題はよく出ますが, excite,excited, exciting,excitedly,excitement など、どの形が適しているか判断するためにはどの単語がどの単語を就職しているのかよく考えましょう。

④イディオム問題

例えば、take care of, look after などの前置詞や副詞がかっこで抜けていて、選択しから選ぶ感じです。


リスニング:パート1 写真問題

一番点が取りやすい問題になっていますが、写真をよく見て、すでにしてしまっていることを、選択肢にはこれからしようとしているなどと、ひっかけ問題もあるので気を付けましょう!


リスニング:パート2 応答問題

選択肢は3つだけですが、3つのうちの一つは対外全く違うことを話していて、その残りの2つはよく聞いていないと混乱させる問題です。疑問詞をよく聞き、whereならどこという答えを探しましょう。ですが、直接その質問に答えず、会話としては繋がるような意地悪な問題も存在します。そういう時は消去法を使いましょう!