• Keita Kato

横浜英会話教室:レッスン101 #英語らしく発音

最終更新: 2019年3月19日


英語を英語らしく話すには、日本語を話すように話してはいけません。ではどうしたらよいのかというと。


1.単語と単語が語尾で子音(母音がない音)と母音で繋がる場合はつなげて発音する。

 例. Check it out は チェック イット アウトではなく、チェキッダウトというような発音になります。


2. 単語のアクセントを長く伸ばして発音する。

例. appleはアップルではなく、エァーポルというように発音します。


3.文の中で重要だと思われる部分を強調して発音する。

例. What are you doing here? のyou を強調して、あなたはどうなのと強く尋ねるときに強調します。どこを強調するかは話の流れ、本人次第です。


4. L,R, TH, V,Fなど日本語にない発音の仕方を知る。


5 .put, set, meetなど、最後のtの後にtheがくる場合はtの発音はされない。

例. set the tableはセッザ テーボルのようになります。


6. tをdのように発音する。(これはアメリカ英語)

例. letter はレダー、 waterは ワーダーのようになります。でもさらっという感じです。


カタカナで表した部分がいくつかあり、本当は良くないですが、わかりやすくするためにそう表現しました。これらの注意点に注意すればかなり、英語らしく聞こえるようになると思います。




レッスン101では英語を学びたい生徒さん大募集です。体験授業を受けてみたい方はぜひ、ご予約くださいませ。

        ↓

https://www.lesson-101.com/book-online

42回の閲覧

Contact Us

Address

  • Facebook - Белый круг
  • Белый Twitter Иконка
  • Белый Instagram Иконка
  • Белый Иконка YouTube

Tel: 090-4371-4915

Email: lesson101@outlook.jp

〒245-0008 神奈川県横浜市泉区弥生台13−11 マルヤ第一ビル3F

© 2018-2020 Lesson-101.com