• Keita Kato

横浜の絵画教室【レッスン101】:(色鉛筆画) 誰かは見ている

最終更新: 2018年6月11日


この絵を通して私が伝えたいことは、どんな窮地に陥っても必ず誰かは見ていてくれる。そして手を差し伸べてくれる。その手は希望をもたらしてくれるということです。鍋を持って泣いている少年は食べ物がなく、悲しんでいます。しかし、その姿を無視したり、そのことについて何も把握していない人たちがをシルエットになっている人です。ですが、それを見て助けようとしているのが青いシャツの少年です。宙に浮いている物体は希望の到来を表わしています。左側の切られた木はたとえ切られても再生しようという力を示しています。シルエットの人たちの背景が違うのは皆それぞれの世界があるからです。その場にいて、実はいないことを表現しました。

Contact Us

Address

  • Facebook - Белый круг
  • Белый Twitter Иконка
  • Белый Instagram Иконка
  • Белый Иконка YouTube

Tel: 090-4371-4915

Email: lesson101@outlook.jp

〒245-0008 神奈川県横浜市泉区弥生台13−11 マルヤ第一ビル3F

© 2018-2020 Lesson-101.com